What's New
設立のあいさつ
協会について
学会活動
会報KRUG
学会誌KRUG
京都ナボコフ読書会
リンク
お問い合わせ
その他

これまでの活動

日本ナボコフ協会発足大会
1999年5月15日
東京大学
記念シンポジアム<ナボコフの短編を読む--「フィアルタの春」を中心に>
 司会:諫早勇一、講師:諫早勇一、若島正、中田晶子、毛利公美
記録映画上映『ナボコフの秘められた情熱』、『ナボコフの源泉』 日本語解説:毛利公美

1999年秋の研究会
12月18日
都立大学
シンポジアム<ナボコフと註釈--オネーギン註釈を中心に>
 司会:若島正、講師:加藤光也、鈴木聡、長谷見一雄

2000年大会
4月22日
同志社大学
研究発表 「<自己>表象と語り--『賜物』を読む」 平松潤奈、司会:的場いづみ、
「ナボコフとケンブリッジ--『偉業』を中心に」 板倉厳一郎、司会:三浦笙子
シンポジアム<ナボコフを非神格化する> 司会:沼野充義、講師:若島正、杉本一直、武田昭文

2000年秋の研究会
11月4日
愛知淑徳大学
研究発表 「ナボコフとロシアモダニズム」 小西昌隆、司会:杉本一直、
「『ディフェンス』における作家の問題」 吉川幹子、司会:若島正、
"The Resuscitation fo the Artist: Trauma Survival in Nabokov's 'A Forgotten Poet'" 三浦笙子、司会:加藤光也

2001年大会
6月2日
駒沢大学
研究発表 「ナボコフと谷崎潤一郎」 柿沼伸明、司会:三浦笙子、
「『ロリータ』--もう一つの死後の世界」 皆尾麻弥、司会:中尾秀博、
「初恋まで3ヶ月」 鬼丸晴美、司会:中田晶子
特別講演 「小説のvirtuosite」 佐藤亜紀、司会:若島正

2001年秋の研究会
11月17日
広島大学
ワークショップ<ナボコフの短編「ある日没の細部」を読む--英語とロシア語の視点から>司会:沼野充義、講師:中尾秀博、毛利公美
特別講演"Nabokov's Stories with a Hidden Plot" Alexander Dolinin、司会:富士川義之

2002年大会
6月8日
中央大学
研究報告「Lolita: A Screenplay におけるナラティヴ戦略の効果--S.キューブリック作品 Lolita におけるナラティヴ効果との比較考察」須川亜紀子、司会:中尾秀博、
「二つのぺテルブルグ--ナボコフとゲオルギイ・イワーノフ」諫早勇一、司会:若島正
特別講演「ナボコフの文学史講義」 高橋源一郎、司会:富士川義之

2002年秋の研究会
12月7日
京都大学
ミニ・シンポジアム<『ナボコフ=ウィルソン往復書簡集』をめぐって> 中村紘一、若島正
ワークショップ<『ロリータ』第2部27章を読む> 司会:若島正、基調報告:西山けい子、吉川幹子、皆尾麻弥、伊藤聡子、、三浦笙子、芦本滋

2003年大会
6月7日
東京水産大学
特別講演 「ナボコフと死者」 松浦寿輝 司会:沼野充義
シンポジアム 「作家と自我・身体表象」 司会・講師:大熊榮、講師:井上健、貝澤哉

2003年秋の研究会
12月7日
同志社大学
研究発表 「ナボコフの多層世界--映画と文学の間」 毛利公美、司会:貝澤哉、
「銀紙はなぜ光ったか--『フィアルタの春』を貴種流離譚として読む」 芦本滋、司会:加藤光也
特別講演 "Ada, The Bog and the Garden" Brian Boyd、司会:富士川義之

2004年大会
6月5日
東京大学
特別講演 「註釈としての小説--『青白い炎』をめぐって」 富士川義之、司会:加藤光也 シンポジアムと映画上映「スクリーン上のナボコフ(Nabokov on the Screen)――映画と小説の間」 司会・講師:中田晶子、講師:諫早勇一、柿沼伸明、鈴木聡、若島正

2004年秋の研究会
12月11日
京都大学
研究発表 「消えうせた杖と組み替えられたトリック--ナボコフ『重ねた唇』を解く」 秋草俊一郎、 司会:若島正、
「『断頭台への招待』と昔話」 皆尾麻弥、司会:若島正、
「『未踏の地』について--手帳はどこへ消えたのか」 芦本滋、司会:中田晶子 

2005年大会
6月11日
早稲田大学
ワークショップ<「北の果ての国」(Ultima Thule)を読む> 司会・基調報告:杉本一直、基調報告:北山克彦、小西昌隆、皆尾麻弥
特別講演 "Instructions for Brian Howell" Brian Howell、司会:三浦笙子

2005年秋の研究会
12月10日
京都大学
第1部 トーク「『ロリータ』とその新訳をめぐって」 若島正
第2部 司会:沼野充義
新刊紹介 The Cambridge Companion to Nabokov 板倉厳一郎
特別講演 "Challenges in Decoding Nabokov: The Real Life of Sebastian K night"
Julian W. Connolly (University of Virginia )

2006年大会
6月10日
駒澤大学
研究発表 「ウラジーミル・ナボコフ『「エヴゲーニイ・オネーギン」翻訳と註釈』 について:ナボコフがつけなかった註釈」秋草俊一郎、司会:貝澤哉、
'"All This is Earthly": Nabokov's Rejection of Metaphysical Dualism' Jonathan Keir、司会:三浦笙子
特別講演「ナボコフ嫌いのナボコフ主義宣言」辻原登、司会:沼野充義

2006年秋の研究会

11月18日(土)
南山短期大学
研究発表 「<至福>の主題をめぐる考察 ―ナボコフの小説における『白夜』の残響 ―」 樋口友乃  司会 中尾秀博
ワークショップ「ナボコフのロシア語詩を読む」司会・講師 沼野充義、講師 柿沼伸明、小西昌隆

――――――――――――――――――――――――――――――――
2007年大会

6月9日(土)
東京大学
特別講演「アメリカにおけるナボコフ受容」 Zoran Kuzmanovich  司会 三浦笙子
シンポジウム「ナボコフと世界文学」 
司会 富士川義之
報告 「ナボコフとセルバンテス」 稲本健二、「ナボコフとプルースト」 工藤庸子、「ナボコフとラテンアメリカ文学」 野谷文昭

――――――――――――――――――――――――――――――――
2007年秋の研究会

10月28日(日)
京都大学京大会館
研究発表 「Notes on Prosodyを読む」鈴木聡、「Abram Gannibalを読む」小西昌隆  司会 柿沼伸明
特別講演 "On Lolita: The Plurality of Interpretation" Vladimir Alexandrov  司会 沼野充義
――――――――――――――――――――――――――――――――
2008年大会

5月31日(土)
東京海洋大学
研究発表 「ナボコフの白鉛筆」 皆尾麻弥、「ナボコフの映画的手法」 毛利公美  司会 鈴木聡
特別講演 "Verses and Versions: Nabokov as Verse Translator" Brian Boyd  司会 沼野充義
 
特別講演会
6月8日(日)
立命館大学
"Pale Fire: Poem and Pattern" Brian Boyd  司会 丸山美知代

――――――――――――――――――――――――――――――――
2008年秋の研究会

11月15日(土)
山口大学
研究発表 「謎とき『ディフェンス』」 秋草俊一郎  司会 加藤光也
フォーラム 「Pale Fire--カードとタイムライン」 塩谷直史、皆尾麻弥、森慎一郎、若島正


――――――――――――――――――――――――――――――――
2009年大会

5月16日(土)
東京外国語大学
ミニ展覧会 中村恭子
研究発表 中村恭子 「ランを通して読む『アーダ』」、 田中千恵子 「魔術師の虹色のゆび―The History of Ideasとナボコフ」、 眞峯隆義 「ウラジーミル・ナボコフ―可能世界の住人」  司会 若島正
特別講演 川端香男里 「ロシア文学上のナボコフ」  司会 三浦笙子

――――――――――――――――――――――――――――――――
2009年秋の研究会

11月28日(土)
神戸松蔭女子大学
研究発表 後藤篤 「「良き読者」のジレンマ―Lolitaから見るNabokov作品のイデオロギー構造」、 柿沼伸明「『青白い炎』の構成を胚胎した『エヴゲーニイ・オネーギン』注釈 ナボコフとロトマンの注釈書を比較してみて」  司会 鈴木聡
ワークショップ 「The Original of Lauraを読む」 司会・報告:中田晶子、報告:加藤光也、Joshua Wittig



――――――――――――――――――――――――――――――――
2010年大会

5月15日 (土)
駒澤大学
研究発表 司会:杉本一直
・楓瑛子(聖心女子大学大学院)「『プニン』における語りの対立」
・寒河江光徳(創価大学)「ナボコフの3編の詩を読む――回転のモチーフ、その「光」と「影」」
トーク 「読みなおすナボコフ――『賜物』を中心に」
語り手:沼野充義×聞き手:若島正

――――――――――――――――――――――――――――――――
2010年秋の研究会

11月20日(土)
愛知淑徳大学 
研究発表 司会:中田晶子(南山短期大学)
発表1:後藤篤(大阪大学大学院)「肖像の裏切り―Speak, Memoryの改訂をめぐって」
発表2:秋草俊一郎(日本学術振興会特別研究員)「「カスビームの床屋」再訪」
特別講演 「アメリカ文化が私に与えた影響―その中のナボコフ」
司会:若島正(京都大学)
講師:玄月(作家)

――――――――――――――――――――――――――――――――
2011年大会
5月28日(土)
早稲田大学 文学学術院 戸山キャンパス
特別研究発表
発表者:鈴木聡、司会:若島正
「ヴラジーミル・ナボコフの長篇小説ーその陰影と紋様」
特別講演
講師:三浦笙子、司会:加藤光也
「異界へ開く緑のドアー『青白い炎』のバタフライ・エフェクト」

――――――――――――――――――――――――――――――――
2011年秋の研究会
11月19日
京都大学
研究発表
司会:杉本一直(愛知淑徳大学)
後藤篤(大阪大学大学院)
  「Look at the Harlequins! における(偽)自伝テクストの『綻び』」
発表2:ハビエル・デ・エステバン(東京外国語大学大学院) 
「バルガス・リョサの中のナボコフ ―『継母礼讃』、 『官能の夢:ドン・リゴベルトの手帳』、『マイタの物語』」
特別講演
「ナボコフと鱗翅類学」
司会:中村恭子(早稲田大学理工学術院研究員)
講師:荒木崇(京都大学大学院生命科学研究科教授)

――――――――――――――――――――――――――――――――
2012年大会
5月19日
早稲田大学 戸山キャンパス 36号館681教室

*第1部 研究発表
発表者:東和穂(東京大学博士課程)
司会:沼野充義(東京大学)
題:「フィアルタの春」精読

* 第2部 対談:金井美恵子−若島正
題:映画とナボコフ

――――――――――――――――――――――――――――――――
2012年秋の研究会
11月17日
南山大学 名古屋キャンパス R棟5階 R55教室

*第1部 研究発表
司会:沼野充義(東京大学)

発表1:奈倉有里(東京大学院)
「ロシア語原文で読む、ナボコフの『神々』」

発表2:Joshua Wittig(京都大学院)
Transparent Things: Slightly Flawed Life

* 第2部 ナボコフ国際学会“Nabokov Upside Down 2012”報告
司会:若島正(京都大学)

報告者:三浦笙子(東京海洋大学名誉教授)、中田晶子(南山大学)、若島正(京都大学)

――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright(c)NSJ,
All Rights Reserved.